討鬼伝極 難易度レビュー:クリア後について

おすすめゲームの紹介、レビュー、攻略情報等。ゲーム動画、PVの紹介もしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-)
良くも悪くも色々と言われている今作の難易度。
極任務も終わったので自分なりの感想まとめ
●簡単にレビュー
ストーリー良し、アクションも全体のボリュームも良し。
ネット対応も発売当初こそエラー頻発でしたが
その後のパッチで現在は問題なく遊ぶことができます。

Q.今年度の神ゲー確定ですか?
A.人によっては糞ゲー確定です。

■良いところ
・ストーリー。これは前作分も収録されているので、
今からはじめると言う人はわざわざ2作品買わなくていい。
後半に向かってかなり盛り上がる展開が熱い◎
ただ、ラスボス戦~エンディングがアッサリ気味なのが少々残念だ。

・ネット協力プレイ対応
自分は今のところ重くてまともにプレイできないといったことは1回もない。
チャットは自由にはできないが、あらかじめ豊富な定型分が用意されているし、
部屋主なら一応ルームメッセージを利用して自分の意思は伝えられる。
以前、モンハン4で痛い目を見たのでチャットに関しての固定文は逆にありがたかった。

しかし、平気でふざけた行為をする人も数人見ました。
こればかりは仕方ないですが自由に話ができない分対処法も限られるので楽と言えば楽。

■悪いところ
・敵(鬼)とプレイヤー側のモーション差とバランス。
このゲーム全ての敵に共通して倒す手順のようなものがあります。
全ての部位に強力なバリアが張られていて、それを破ると本体の体力を
削ることができる!!みたいな感じに思ってもらえればいいかと。
そして、一定時間するとまたバリアが復活して・・・の繰り返しです。
で、このバリアを一発で破ることができる必殺技があって・・・
のような手順が全での鬼に共通するシステムです。

最終的に装備が整ってスキルも揃えば4人がかりでボッコボコです。
全ての敵に対して、拘束+強制怯み+ダウンが効くので相手が何であろうと
このループで倒しきるか、体力を残り数割まで持っていくことができます。
これは別にハメでも開発側が想定していない動きでも無く、普通にできることです。

問題なのが、ソロ+NPCの時と装備が整うまでの微妙な性能の期間です。
だいたい予想できると思いますが火力が無いとかなり1戦の時間が長いです。
で、このゲーム敵の攻撃が非常に強いです。
当然プレイヤー側に防具による防御力もありますが
はっきり言って一定ラインを超えていれば何でもいいレベルです。

敵の攻撃はだいたいジャブ程度で2・3割、
中程度で5割、大技に当たると7割+状態異常になる感じです。

これを多段ヒット攻撃で繰り返してきたり、振りかぶり動作無しでいきなり叩き込まれたりします。
また、攻撃判定も広いものが多く1回の回避行動で逃げられるものではなく
受付時間?が長いのか攻撃発生時に上手く回避しても回避モーション終了後に同じ攻撃にヒットしたり
するので、攻撃しつつ回避するのが非常に困難だと言えます。

一方敵側は攻撃後もスキなく動き回り、何種類かいるのですが大きく
プレイヤー側と距離をひたすらとってくる相手もいます。
こうなると追いかけっこになり、こっちがシュッ!シュッ!と軽い攻撃しかできないのに
相手はゴカーン!バコーン!と大技を連発しながら回避も余裕ですみたいな
ドヤ顔(イメージです)をしてくるのでかなり辛いです。

とはいえ、部位破壊や技ゲージをこのタイミングに取っておけば
上で書いたように一気に再びボコボコなんですが
これがオフラインのストーリー部分でもこのような仕様なのが某サイトのレビューで
さんざん言われている原因かと自分は思います。

実際、時間制限はあるが敵の体力が低い任務や、脆いかわりに攻撃力があがっている任務もあるくらいなので
ストーリー部分とマルチプレイの差別化をしようと思えばできたはず。
せめてオフ関連はもう少し簡単にしてもよかったんじゃないでしょうか。

■まとめ
これから買う人は体験版を先にプレイしたほうがいいです。
で、なんとか1戦でもクリアできた・楽しかったと思えたら買いです。
逆に全くクリアできる気がしないって人は残念ながら製品版をかっても詰むと思うので・・・・

■おまけ
某雑誌に載っていた開発陣へのインタビューより。
どれとは言いませんが新武器に関する話で、
初心者でもボタン連打で攻撃が繋げられて範囲も広いのでおすすめです。
このようなことが書かれているのですが、実際はそのモーションの威力自体が低く
更に敵の攻撃を受けないでパワーアップ状態を維持しなければ火力の関係上
相当な長期戦になります。更にはオススメしたのとは別のモーションのほうが
威力が断然高くて効率の良い攻撃だったりします。
確かに、もっと敵が弱い仕様なら初心者がボタン連打してるだけでも
多少苦労はしつつも倒すことができるとは思いますが。
今読み返すと、一体どういう気持ちで答えていたのか、この人はプレイしたのか?と聞きたいところ。

あと、トロフィーをコンプリートしないと気がすまない!って人は
作業プレイによる時間、リアル運、プレイヤーの腕前の全てが必要となっているのでご注意を。
関連記事
[ 2014/09/09 14:57 ] CM(0)
コメントする







管理者にだけ表示を許可する


スポンサードリンク

ゲームデータbase
無料ゲームnet
たんぶろ
ものろぐ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。